オーディションには最終で落ちてしまいましたが、普段経験できない緊張感

モデルオーディション25歳女性

その会社は見た目だけでなく人の内面を重視しており、その環境にいると自分自信の成長に繋がると思ったからです。

はじめに書類審査があります。そこで、落ちることはあまりないですが、書類審査のあとにグループでの面接がありました。5人の審査員の前に立ち、いくつか質問をされるので順番に答えていきます。そのあとに写真撮影がありました。それに通ると通った人の同士の顔合わせがあり、最終面談となります。最終面談でもグループで、モデルになるという覚悟などについていくつか質問されるので、順番に答えていくという流れになっていました。

オーディションには最終で落ちてしまいましたが、普段経験できない緊張感を味わい、また自分としっかり向き合う時間ができてとても良かったです。今後受ける予定はありませんが、これからもずっと人として成長し続けたいという思いが強くなり日々勉強しています。オーディションに1度落ちたからと言って落ち込むのではなく、そこから何かを学ぼうとする姿勢が大切だとおもいます。いろんな質問をしてその子の魅力を引き出してほしいなと思います。

ミスセブンティーンモデルオーディション18歳女性

雑誌に載ると言う夢があり、ちょうどセブンティーンでの専属モデルの募集があったのでおうぼしてみようとおもいました。まず応募用紙に全身の写真とバストアップの写真を一枚ずつ用意して趣味やスリーサイズなど細かく書きます。自分の事をアピールするチャンスなので沢山書きました。とりあえず書類選考を通過したら電話で結果のお知らせがあり、面接の日時日付や場所などを教えてもらえました。書類選考を通過できたら面接という形で、そのままカメラ審査に行きます。面接でも応募用紙と同じ事聞かれ、その他に細かく掘り下げていくって感じでした。

応募用紙や面接での写真やアピールポイントの時にもっと自分の良さを伝えられたかなと思いました。自分の良い所を素直に言えるようになりたい。

今後は他のオーディションをどんどん応募していって受かるまで続けたいなと思っています。雑誌に絶対に乗りたいですね。

確かに軽く受けるのは大事ですが心を決めてしっかりやり切ってほしいです。たくさんの人が夢を見てるのでそれに恥じないようにしてほしい。